お仕事のご依頼は、TwitterのDMでも受け付けております。お気軽にどうぞ!Twitterはこちら

あなたが会社にしがみつくことで失う5つのもの  -休職や退職は人生の成功体験-

こんにちは。ろぼです。

上司に退職したい旨を伝えたのに、すんなり辞められない。

引きとめに疲れてしまって「この会社に残ってもいいかな…」と考えてしまうことはありませんか。

私は1度目の転職をするとき、引きとめが長引いてしんどい思いをした経験があります。

今回は、あなたが会社にしがみつくことで失うものを5つ紹介します。

いま一度、冷静に考えてみましょう。

こんな方におすすめ
  • 退職したい旨を伝えたが、引きとめが長引いている
  • 会社に残ろうか迷っている
  • 会社に残ることを不安に感じている
スポンサーリンク
目次

自己紹介

ろぼ

ろぼです。
適応障害で休職中。転職経験2社。
性格はHSP気質。

休職や退職は人生の成功体験

休職や退職は一見、失敗体験と捉えがちですが、そんなことはありません。

まずお伝えしたのは、休職や退職は「人生の成功体験」ということです。

あなたは自分の心と体のためにその決断をしました。色々と不安に感じることもあると思いますが、自信を持ってOK。

自分が大事にしていること・得意なこと・好きなことは何だったか振り返る絶好のチャンスです。

あなたにとって、本当にやりたいと思える仕事は何かじっくり考えてみましょう。

会社にしがみつくことで失うもの 5選

退職したい旨を伝えたのに、引きとめられてすんなり辞められない。

会社に残る決断も間違いではありませんが、残ることに対してなんかモヤモヤする。

そんなときは、これから紹介する5つのポイントを考えてみましょう。

会社にしがみつくことで失うもの5選

  1. 健康
  2. お金
  3. 人間関係
  4. 自己肯定感
  5. 時間

①健康

私が休職するきっかけになったのは、この健康面で危険を感じたから。

日々のストレスや疲労が蓄積して、通勤時は動悸がする、座って仕事をしていても頭痛やめまいの身体的症状が出て辛い思いをしました。

特に、寝たいのに眠れないという症状は想像以上に辛かったです…。

今でも医師から処方された睡眠導入剤を飲まないと寝付けません。

このように、良質な睡眠が取れないと心身をむしばまれていきます。

②お金

会社を辞めて転職するまでの間のお金をどうするか、心配する方は多いと思います。

しかし、ストレスフルな会社に居続けることでお金はどんどん減っていくのはご存知でしょうか。

たとえば、溜まったストレスを発散しようと暴飲暴食をしたり、高額な買い物をしたりと、精神的に安定しているときと比べて確実にお金を使ってしまいます。

お金の使い方の傾向を知るためには、家計簿アプリでチェックしてみることをオススメします。

③人間関係

あなたのプライベートにおける人間関係の話です。

精神的に余裕がなくなると、友人や知人と疎遠になります。

気分転換になる遊びの誘いや、身近な家族との関わりも、ときに鬱陶しいとさえ思ってしまうことがあります。

こんなギスギスした関係になるのはイヤですよね。

④自己肯定感

あなたにとって嫌なことがあって、本当は会社を辞めたいと思っているのに、心をごまかして会社に残るとします。

そうすると、そんな決断をした自分を好きになれずに責めてしまう。

相談できる友人とも疎遠になり、家族にも相談しづらい。

結果、相談できる人がいないので、すべて抱えて苦しくなり、自分に自信を持てなくなります。

⑤時間

人生は有限です。

やりたくもない長時間労働やサービス残業、嫌な上司・同僚と無理やりうまくやっていこうとすること、すべてもったいない時間。

あなたが本当にやりたいと思えることに投資する時間を失ってしまいます。

どんな理由で退職するの?

まだ1度も退職した経験が無い方は、「こんな理由で退職していいのかな?」と悩むこともあるでしょう。

実際に退職した人の退職理由(一例)をまとめてみました。

退職理由

  1. 労働環境
  2. 人間関係
  3. 体調不良
  4. 会社都合
  5. その他

労働環境

  • サービス残業が当たり前で、良いように会社に利用されていると感じた
  • 全国出張に行き、休みがないことに疲れた
  • 仕事の忙しさに対して給料が低かった
  • サービス残業や休憩時間の確保などの労働環境の改善を求めたら、即日解雇か次月での退職を求められた
  • 夜遅くまで働き、休みの日は疲れて家で寝ている生活だった

人間関係

  • 上司の圧力、同僚たちとの人間関係がきっかけで鬱(うつ)になり、会社に行けなくなった
  • 在宅勤務で先輩からの圧が酷く続けられなくなった
  • 上司からのパワハラを受けて、うつ病になった

体調不良

  • 仕事量が多く心身ともに疲労で体調不良が続いた
  • 仕事中に慢性的な頭痛やめまいが発症した
  • 通勤時に動悸がするようになった

会社都合

  • 希望退職募集という名のリストラにあった
  • コロナの影響で次の仕事が無かった

その他

  • 少しの間休憩する時間が欲しくなった
  • フリーランスで活動したいと思った

私の退職理由

個人的な意見ですが、参考までに載せておきます。

  • 会社の経営方針が変わり、不得意な仕事をすることが多くなった
  • 管理職の姿を見て、将来が不安になった
  • 体力の限界(長時間労働・夜勤あり)
  • サービス残業や休日出勤が当たり前という同調圧力
  • がんばった人が損をする仕組みに納得できなかった(仕事ができないフリをしている人がラクをする)

まとめ

今回は、あなたが会社にしがみつくことで失う5つものについてご紹介しました。

会社にしがみつくことで失うもの5選

  1. 健康
  2. お金
  3. 人間関係
  4. 自己肯定感
  5. 時間

休職や退職は「人生の成功体験」

あなたが大事にしていること・得意なこと・好きなことは何だったか振り返る絶好のチャンスです。

これら5つの要素がすり減っているなぁと感じるのであれば、会社を辞める時期かもしれません。

ぜひ、あなたの本音を大切にしてください。

もうこの会社ムリ…と感じたら

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事をご覧くださったあなたは、きっと仕事熱心でがんばり屋さんだと思います。

今働いている職場環境や人間関係は良好ですか?

「正直、キツい…」「もうムリ…」と感じたら、退職する前に相談してみましょう。

知らずに損した!となる人が1人でも減ることを願って。

読むと元気になる書籍

読書は苦手…

本を読むことはイイことだとわかっていても、どうしても苦手意識が…という方は、「耳で」読む習慣から始めてみませんか?

家事の合間や通勤時間を使ってラジオ感覚で始められます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる