【MOS合格者が解説】パワーポイント 見やすいグラフをつくろう!《縦棒グラフ編》

前回の「円グラフ編」につづき、今回は「縦棒グラフ編」です。

縦棒グラフの作り方・見せ方を解説します!

作成のポイントは「何を」伝えたいグラフにするのかということです。

スポンサーリンク

自己紹介

ROBO
ROBO

ROBOです。30代サラリーマン。

 

エクセル・ワード・パワーポイント

MOS 365&2019の資格を取得しています。

仕事で資料を作成することが苦手でしたが、

このMOS資格試験の勉強を通じて基礎を学び、自信を持つことができました。

MOS資格の関連記事はこちら

前回までの振り返り

シンプルで見やすいテンプレートのつくりかた

これから説明するパワーポイントの書式(テンプレート)はこちらの記事で作成したものを使っています。

まだご覧になっていない方はぜひご覧ください。

 

【前回作成分】見やすい円グラフのつくりかた

前回ご紹介した「見やすい円グラフ」のつくりかたです。こちらも併せてご覧ください。

 

残念なグラフと見やすいグラフを比べてみよう

残念な縦棒グラフ

残念なポイント

  • 目盛線を見ないと数値を確認できない
  • どこに注目すればいいのかわからない

見やすい縦棒グラフ

見やすいポイント

  • 必要な情報がまとまっていて見やすい
  • どこに注目すべきか一目でわかる

縦棒グラフの使いどころは?

2つ以上の項目で、データの大小や時間ごとの増減を比較する場面で使います。

より多くの情報を伝えるために、積み上げ棒グラフや、100%積み上げ棒グラフなどの特殊なものが使われる場合もあります。

見やすい縦棒グラフの作り方 ポイント3選

ポイント3選!
  1. 数値はデータラベルで示しましょう。
  2. 凡例・目盛線・縦軸は削除しましょう。
  3. 重要な箇所のみ色付けしましょう。

見やすい縦棒グラフのつくり方手順

①事前確認

今回の縦棒グラフで伝えたいことは、「弊社は他社と比較して、”最大4,000円安い”」ということです。

②データラベルを追加

「グラフデザイン」>「グラフ要素を追加」をクリックします。

「データラベル」を選択して「外側」をクリックします。

これで「データラベル」を表示できました。

データラベル=縦棒グラフの上に出ている「5,000」「3,000」「1,000」の数値です。

 

③凡例・目盛線・縦軸を削除

凡例の削除

先ほどと同様に、「グラフ要素を追加」から「凡例>なし」を選択します。

目盛線を削除

「グラフ要素を追加」から「目盛線>その他の目盛線オプション」を選択します。

つづいて「線なし」を選択すると、目盛線を削除できます。

グラフの縦軸を削除

赤枠の箇所をクリックしてキーボードの「delete(デリート)」キーで削除します。

 だいぶスッキリしましたね。あともう一息です!

 

④グラフの色付け・微調整

強調したいグラフの箇所を色付けします。今回は「弊社」の縦棒のみ色付けします。

注目して欲しい箇所に「吹き出し」を挿入しましょう。

吹き出しの大きさや文字の大きさを微調整します。

これで完成です!見やすい縦棒グラフができましたね!

まとめ

見やすい縦棒グラフを作るためのポイントを整理しましょう。

見やすい縦棒グラフの作り方 ポイント3選

ポイント3選!
  1. 数値はデータラベルで示しましょう。
  2. 凡例・目盛線・縦軸は削除しましょう。
  3. 重要な箇所のみ色付けしましょう。

資料作成の参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。

動画でおさらい

今回の解説内容を動画にまとめました。こちらのぜひご覧ください。

よろしければチャンネル登録とコメントをよろしくお願いします!

書籍の紹介

パワーポイントのデザインを勉強したい方におすすめの書籍を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました