【MOS合格者が解説】パワーポイント 見やすいグラフをつくろう!《円グラフ編》

パワーポイントでプレゼンをするときに、グラフを使う機会も多いと思います。

あるある話ですが、資料の作成者はグラフを作ったことで満足してしまって「何を」伝えたいのかということが欠けていることが多いです。

そこで今回は“伝わるグラフの作り方を解説します。まずは「円グラフ編」”です。

色分けの方法も解説していますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

自己紹介

ROBO
ROBO

ROBOです。30代サラリーマン。

 

エクセル・ワード・パワーポイント

MOS 365&2019の資格を取得しています。

仕事で資料を作成することが苦手でしたが、

このMOS資格試験の勉強を通じて基礎を学び、自信を持つことができました。

MOS資格の関連記事はこちら

残念なグラフと見やすいグラフを比べてみよう

残念な円グラフ

残念なポイント

  • 色が多くて見栄えが悪い。
  • 数字も小さくて見づらい。
  • 情報の強弱がないため、何を伝えたいグラフかわからない。

 

見やすい円グラフ

見やすいポイント

  • 色の数が絞られている。
  • 何が重要か一目でわかる。
  • 情報の強弱がハッキリしている。(重要な数字が強調されている。)

 

円グラフの使いどころは?

円グラフはデータの構成比率を読み取るために便利なグラフです。
英語では食べ物のパイを切り分ける様子からパイチャート(Pie chart)とも呼ばれています。

【関連情報】見やすい縦棒グラフの作り方はこちら

見やすい円グラフをつくるポイント

ポイント3選!
  1. 重要な項目だけ2~3色で色分けしましょう。
  2. 割合が多い(または少ない)項目だけを強調しましょう。
  3. 不要な情報は削除しましょう。(データラベル・凡例など)

見やすい円グラフの作り方手順

①項目をまとめる

今回は「”10代前半”の割合がもっとも高く、つづいて”20代もある程度の割合がある”」ということを伝えるグラフを作成します。

つまり”30代~80代の割合”は目立たせずにまとめてしまいましょう!

グラフを選択して右クリックします。

「データの編集」を選択します。

「10代前半」「10代後半」のデータを強調するため、「30代~80代」のデータを1つにまとめます。

たくさんあった項目をまとめることができました。

 

②テキストボックスでラベルを作る

グラフの項目を「テキストボックス」を挿入して編集しましょう。

この時のポイントは「強調する数字は大きくする」ことです。

今回の場合は「10代前半の47%」と「10代後半の18%」の数字です。

「挿入」から「テキストボックス」を選択します。

テキストボックスに「10代前半」「47%」とそれぞれ入力します。

仮で配置して、強調する数字を大きくします。

同様に他のラベルもテキストボックスで作成します。

 

③不要な情報を削除する

「データラベル」は作成済みですので削除しましょう。

また、凡例も不要ですので削除しましょう。

今回削除するもの
  1. データラベル
  2. 凡例

「グラフのデザイン」をクリックします。

「グラフ要素の追加」をクリックします。

「データラベル」を選択して、「なし」をクリックします。

同様に「凡例」も「なし」にしましょう。

 

④色を調整する

これが最後のステップです。もうひと頑張りです。

  1. 色の数を絞る(一旦 モノクロにしましょう)
  2. 強調したい箇所だけ色を変える

「グラフのデザイン」をクリックします。

「色の変更」をクリックします。

一旦グラフ全体をモノクロ(白黒)にしましょう。

「10代前半」の色を黄色に変更します。

つづいて「10代後半」の色をミドリ色にします。

あとは文字色や配置を微調整しましょう。

これで完成です。お疲れ様でした。

だいぶ見やすくなりましたね!

 

まとめ

パワーポイントで見やすい”伝わるグラフ”は簡単に作成できます。

「何を」伝えたいグラフなのかを考えて、メリハリのある資料にしましょう。

見やすい円グラフをつくるポイント

ポイント3選!
  1. 重要な項目だけ2~3色で色分けしましょう。
  2. 割合が多い(または少ない)項目だけを強調しましょう。
  3. 不要な情報は削除しましょう。(データラベル・凡例など)

動画でおさらい

こちらの動画で一連の動作を確認してみましょう。

よろしければ、チャンネル登録とコメントをよろしくお願いします!

パワーポイントのデザインを勉強したい方へ

パワーポイントのデザインを勉強したい方におすすめの書籍を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました