【お詫び】訪問ありがとうございます。サイト改修中のため、記事内容を順次修正しております。ご不便お掛けしますが、よろしくお願いします。

【Google Chrome】縦長のWEBページ全体を、一瞬でスクリーンショットする方法とは?

こんにちは。ろぼです。

「WEBフォームの入力結果や、リサーチした結果を記録として共有したい」

「インターネットのトラブル時にWEBページ全体を共有したい」

こんな時はスクリーンショットして画像を保存すると思いますが、「その都度画面を移動しながらスクショするのは面倒」、「WEBページ全体をカンタンに保存したい」と感じることはないでしょうか。

Chromeのデベロッパーツールを使って行うこともできますが、パソコン初心者には少々とっつきづらい印象があります…。

そこで今回は、パソコン初心者でもカンタンに使えるツール「FireShot」の設定方法と使い方を画像付きで解説します。

こんな方におすすめ
  • Google Chromeのデベロッパーツールは使いたくない
  • 手軽にスクリーンショットしたい
  • PNG・JPGの画像形式はもちろん、PDFでも保存したい
目次

自己紹介

ろぼ

ろぼです。
MOS エクセル・ワード・パワポの資格を取得しています。
現在Googleアプリを学習中。

FireShotならカンタンに”WEBページ全体をスクリーンショットできる”

FireShotとは、Google Chromeの拡張機能

Chromeの初期の設定では使えないので、事前に設定しておく必要があります。有償版もありますが、無料版でも十分便利なツールです。

今回は無料版の設定方法と使い方を解説します。

FireShotとは?(公式ページより)

ウェブページ全体をスクリーンショット撮影。PDF/JPEG/GIF/PNGでキャプチャ、編集、保存やアップロード、印刷、そしてOneNote、クリップボード、メールに送信できます。

FireShotならウェブページ全体のスクリーンショットを撮影して、編集・注釈が可能です。

https://chrome.google.com/webstore/detail/take-webpage-screenshots/mcbpblocgmgfnpjjppndjkmgjaogfceg/related?hl=ja&authuser=2

例として、私のTwitterプロフィールページ全体のスクリーンショットを撮影してみました。

こんなに縦長の画面もボタン1つでスクリーンショットできます。

FireShotをオススメする理由は、圧倒的な”使いやすさ”

FireShotでできることは以下のとおりです。

  • WEBページ全体をスクリーンショットで保存可能
  • chromeのデベロッパーツール不要
  • PNG・JPG・PDFで保存できる
  • スクリーンショットしたデータの保存先を選択できる

このツールは日本語対応していることと、シンプルな使い勝手が魅力的。

キーボードのショートカットキーを覚える必要もないので、パソコン初心者でもラクに操作できます!

【chrome拡張機能】Fireshotの設定方法と使い方

FireShotの設定方法と使い方を解説します。

FireShotの設定方法

こちらのリンクをクリックします。

あわせて読みたい
ウェブページ全体をスクリーンショット - FireShot ウェブページ全体をスクリーンショット撮影。PDF/JPEG/GIF/PNGでキャプチャ、編集、保存やアップロード、印刷、そしてOneNote、クリップボード、メールに送信できます。

《Chromeに追加》をクリックします。

《拡張機能を追加》をクリックします。

この画面が出たら《×》で閉じます。

画面右上の《パズルのようなマーク》をクリックします。

FireShotアイコン右横の《ピンマーク》をクリックします。固定されると青色になります。

画面右上に「S」マークが表示されていれば設定完了です!

FireShotの使い方

FireShotの具体的な使い方を紹介します。

ページ全体をキャプチャ

私のTwitterプロフィールページのスクリーンショットを撮ってみます。Twitterのプロフィールページを表示して、先ほどの「S」マークを押して《ページ全体をキャプチャ》をクリックします。

スクリーンショットが終わると保存方法を聞かれます。今回は《画像として保存》を選択します。

保存した画像がこちらです。こんなに縦長の画像でも1クリックでスクリーンショットを撮ることができます。

表示部分をキャプチャ

次は《表示部分をキャプチャ》を使ってみましょう。

表示部分とは、パソコンの画面に表示されている(目に見えている)部分を指しますので、先ほどのページ全体をキャプチャとは異なります。

保存方法は《PDFとして保存》を選択してみましょう。

PDFファイルとして保存できました!

PDFファイルを開くと、このように保存されています。

選択範囲をキャプチャ

つづいて《選択範囲をキャプチャ》を使ってみましょう。表示されている画面から、切り取りたい範囲を選択してスクリーンショットを撮ることができます。

固定ツイートの部分だけを選択してみました。スクリーンショットした画像をGmailに添付してみます。

《Gmail》をクリックして《PNG,JPEG,PDF》の中からファイルの種類を選択します。今回はPNGにします。

なんと、Gmailの立ち上げから画像添付までを自動的に行ってくれます!

*初めてこの機能を使う場合は「FireShotとGmailの連携を承諾しますか?」と聞いてきますので、承諾してください。

Gmailに添付した画像は以下のとおりです。

まとめ

今回はパソコン初心者でもカンタンに使えるツール「FireShot」の設定方法と使い方を画像付きで解説しました。

縦長のWEBページを「その都度画面を移動しながらスクショするのは面倒」、「WEBページ全体をカンタンに保存したい」方はぜひ使ってみてください。

最後に、Googleアプリについて詳しく知りたい方にオススメの書籍をご紹介します。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる