見やすい資料の作り方 デザインの基本をわかりやすく解説(色の使い方編)

こんにちは。ろぼ(nb_san_pc)です。

人から資料を受け取ったとき、読む前から「読む気が失せる」ことってないですか?

(苦手な上司・同僚が作った資料は、生理的に受け付けないってこともありますが…。)

人は読むべきかどうかを一瞬で判断しているため、「なんとなく良さそう」と感じれば、しっかり読み進めます。つまり、第一印象が大切ということです。

いくら中身が素晴らしくても、読んでもらえないのは悲しいですよね。

今回は「見やすい資料の作り方 デザインの基本(色の使い方編)」として、資料の第一印象をアップするポイントを図解でわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

自己紹介

ろぼ
ろぼ

ろぼです。

オンラインアシスタントとして、

資料作成代行の仕事をしています。

色数を少なくして、使い方を統一しよう

色は誰でもカンタンに変えることができるので、資料の作り手としては「これも重要。あれも重要。」とたくさん色を使いがち。以前の私もそうでした…。

しかし、良かれと思ってカラフルな資料を作っても、読み手の印象を下げてしまいます。

そんなときはこの3つのルールを守るだけで劇的に印象アップすることができます。

色の使い方3原則
  1. 色数はできるだけ少なくしよう
  2. 色の使い方を統一しよう
  3. 色に頼らない

なぜ色の数を少なくして、使い方を統一する必要があるのか?

色の使い方3原則について詳しく解説します。

①色数はできるだけ少なくしよう

色の数を増やしてカラフルにすると、鮮やかに見えますが、残念ながら作り手の自己満足。まとまりのない印象を与えてしまい、「何が重要なのか」が伝わりづらくなってしまいます。

色の数を絞ることによって、すっきりした印象に見え、重要度もわかりやすくなります。

②色の使い方を統一しよう

重要な言葉にはこの色、見出しにはこの色というように、どこで何の色を使うのかルールを決めておきましょう。

全体のデザインに統一感が生まれ、整った印象を与えることができます。

③色に頼らない

重要なところは赤色で強調しよう!と思いがちですが、資料作成においては必ずしも正解ではありません。色はそれぞれ特性をもっているので、色によって与える印象が変わってきます。

目的・内容に応じて色の特性を利用することで、ワンランク上の資料をつくることができます。

資料の第一印象をアップするワザ6選

①ベースカラー・メインカラー・アクセントカラーの3つを決めよう

配色を決めるためには、デザイナーのような特別なセンスは必要ありません。ルールに沿って色を選択するだけでOK。

メインカラー(テーマ)を選んでからアクセントカラーを選びましょう。

会社のブランドカラーがあれば、ブランドカラーをメインカラーに設定します。

  • ベースカラーは白地に黒文字が基本
  • メインカラーは見出しなどに使うテーマカラー
  • アクセントカラーは最も重要なところに使おう

②色を登録して作業時間を短縮しよう

資料作成するたびに色を設定するのは、とっても面倒。そんなときは、使い回しができるよう事前に設定しておきましょう。

配色パターンの設定手順

パワーポイント《表示》タブをクリックします。

《スライドマスター》をクリックします。

《配色》をクリックします。

《色のカスタマイズ》をクリックします。

以下のように配色を設定します。

テーマの色を上から順番に設定します。

  1. 文字色(黒)
  2. 背景色(白)
  3. メインカラー
  4. 背景色(白)
  5. メインカラー
  6. アクセントカラー

③色の割合ルールで印象アップ

少ない色に絞ったとしても割合をミスしてしまうと、何が重要かわかりづらい資料になってしまいます。

  • アクセントカラーを多用してはいけません
  • ベースカラー70%、メインカラー25%、アクセントカラー5%
  • 「まあまあ大事」はメインカラー、「一番重要」はアクセントカラー

④文字が見やすい色の組み合わせ

文字色と背景色の組み合わせのポイントを解説します。

  • 鮮やかな色同士の組み合わせは、文字が読みづらくなります
  • 濃い色同士、薄い色同士は読みづらくなります
  • 背景と文字色は落差をつけて、文字色は白または黒を選びましょう

⑤色をくすませるとセンスがいい?!

パワーポイントの初期設定は、スライドの背景は「真っ白」文字は「真っ黒」。

これをちょっとくすませるだけで、だいぶ落ち着いた印象に変わります。

これだけでセンス良く見えるのでオススメ。

⑥色のイメージを利用してレベルアップ

こちらは応用テクニック。資料に使う色は基本的に数を少なくすることが大切ですが、必要な場面でのみ色の特性を利用するとワンランク上の資料を作ることができます。

  • 必要なときだけ、限定的に色の特性を利用しよう
  • イメージに合う色を使うと伝わりやすい

まとめ

今回は「見やすい資料の作り方 デザインの基本(色の使い方編)」として、資料の第一印象をアップするポイントを図解でわかりやすく解説しました。

最後にポイントのおさらいです。

色の使い方3原則
  1. 色数はできるだけ少なくしよう
  2. 色の使い方を統一しよう
  3. 色に頼らない

皆さんの資料作成のお役に立てば嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました