見やすい資料の作り方 デザインの基本をわかりやすく解説(文字装飾編)

こんにちは。ろぼ(nb_san_pc)です。

パワーポイントで作られた資料で、よくある残念なパターン。

それは「重要なところを強調したくてワードアートを使いがち」

作った本人は「かっこいい資料できた!ドヤっ!」って気持ちなのでしょうが、読み手からは「うわっ!読みづらっ…」と思われています。

そんなときは、文字の装飾をシンプルにするだけで印象アップできるってご存じですか?

じつは、資料作成のデザインに関する記事や書籍はたくさんありますが、1つ1つ具体的な手順を解説したものって少ないんです。

そこで今回は「見やすい資料の作り方 デザインの基本(文字編)」として、文字の装飾のやり方を図解でわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

自己紹介

ろぼ
ろぼ

ろぼです。

オンラインアシスタントとして、

資料作成代行の仕事をしています。

これだけでOK!文字装飾のポイント4選

文字の装飾をシンプルにするだけで、こんなに印象が変わります。驚きですよね。

文字装飾のポイントは4つ。

文字装飾のポイント4選
  1. 大きくするだけ
  2. 太字にするだけ
  3. 下線を引くだけ
  4. 色を変えるだけ

この4つすべてをやるのではなく、「〇〇だけ」という点に注目してください。

また、使うフォントは和文「メイリオ」欧文「Segoe UI」

これだけ抑えておけば、資料の印象が劇的にアップします。

フォントの設定手順は後ほど詳しく解説します。

なぜ文字の装飾を派手にしてはいけないのか?

理由は2つあります。

1つ目は全体のデザインを崩しやすいからです。

スライドは、基本的には白などの質素な背景にさまざまな情報を貼り付けていくものなので、そこに凝ったものを置くとゴテゴテしてしまいます。

2つ目は、全体の一貫性が取りづらく、読み手が理解するのに時間がかかるからです。

作り手としては「この機能も使ってみたい!」という気持ちが先行してしまい、ワードアートやデザインテンプレートを多用してしまうことがあります。

しかし、読み手からすると一貫性が無い資料は「ただ読みづらいだけ」。

スライドを見るたびに装飾に目がいってしまい、内容を理解できないのであれば、その資料は作り手の自己満足でしかありません。

スライドのフォント 和文は「メイリオ」欧文は「Segoe UI」を使おう

メイリオは太字対応しているので目立って効果的。

視認性が高くはっきり見えて、スライドに適しています。

また、欧文(英語)を使う場合は「Segoe UI(欧文フォント)」を使いましょう。

理由は英字に特化して作られたフォントだからです。

そのため、英字が美しく整って見やすくなります。

・・・とはいえ、その都度スライドの設定を変更するのは面倒ですよね。

そんな時は、あらかじめフォントの設定をしておきましょう。

おすすめのフォント
  • 和文は「メイリオ」
  • 欧文は「Segoe UI」

フォントの設定方法

  1. 《表示》タブを開く
  2. 《スライドマスター》を開く
  3. 《フォント》を選択する
  4. 《フォントのカスタマイズ》を選択する
  5. 英数字のフォントは《Seoge UI》日本語のフォントは《メイリオ》に設定する。

この設定をしておけば、その都度スライドのフォントを設定する手間が省けて便利です。

ぜひお試しを。

文字装飾の手順を解説

文字装飾のポイント4選
  1. 大きくするだけ
  2. 太字にするだけ
  3. 下線を引くだけ
  4. 色を変えるだけ

①文字を大きくしよう

大きくしたい文字を選択します。

キーボードの《Ctrl》キーと《Shift》キーを押しながら《>》キーを押します。

文字の大きくすることができました。(80pt→88pt)

キーボードの《Ctrl》キーと《Shift》キーを押しながら《>》キーを数回押してみると文字の大きさが変わることに気づけます。

小さくしたいときは、 キーボードの《Ctrl》キーと《Shift》キーを押しながら《<》キーを押します。

このやり方をオススメする理由は、目で見ながら文字の大きさを調整できるからです。

②文字を太字にしよう

太字にしたい文字を選択します。

キーボードの《Ctrl》キーと《B》キーを押します。

文字を太字にできました。

③文字に下線を引こう

下線を引く文字を選択します。

キーボードの《Ctrl》キーと《U》キーを押します。

文字に下線を引けました。

④文字の色を変えよう

文字の色を変えたい範囲を選択します。

マウスを《右クリック》して《フォントの色》を選択します。

文字色を変えることができました。

まとめ

今回は「見やすい資料の作り方 デザインの基本(文字編)」として、文字の装飾のやり方を図解でわかりやすく解説しました。

文字の装飾のポイントのおさらいです。

文字装飾のポイント4選
  1. 大きくするだけ
  2. 太字にするだけ
  3. 下線を引くだけ
  4. 色を変えるだけ

おすすめのフォントはこちら。

おすすめのフォント
  • 和文は「メイリオ」
  • 欧文は「Segoe UI」

資料作成のお役に立てばうれしいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました