【MOS合格者が解説】人に話したくなる! ワード便利技5選

ある日の会話

イマイチくん
イマイチくん

じつは、あんまりワード使ったことなくて…。

文書を作るときも、エクセルで作っちゃうんですよね。

ワードを使うメリットってあるんですか?

ROBO
ROBO

エクセルでも文書は作成できますからね。

 

ワードも基本的なテクニックさえ知っていれば、

文書を作るスピードが格段にアップしますよ。

 

今回は、人に話したくなる!ワード 便利技を解説します。

スポンサーリンク

自己紹介

ROBO
ROBO

ROBOです。30代サラリーマン。

 

エクセル・ワード・パワーポイント

MOS 365&2019の資格を取得しています。

仕事で資料を作成することが苦手でしたが、

このMOS資格試験の勉強を通じて基礎を学び、自信を持つことができました。

今回は、人に話したくなる!ワード 365&2019の便利技を解説します!

MOS資格の関連記事はこちら

エクセル・パワーポイントの便利技はこちら

人に話したくなる! ワード便利技5選

今回は”案内文書”を作成するうえで、使えるテクニックを紹介します。

こちらの文書を使って説明します。

書式をクリアしよう

まずは書式を一旦クリアにしましょう。

書式のクリアとは、あらかじめ設定されている、文字の大きさ配置を解除することです。

「ベタ打ちの状態に戻す」ともいいます。

文書全体を選択して、《すべての書式をクリア》を押します。

書式がクリアされました。

①「行内の文字の配置」を変えるワザ

テクニック
  • Ctrl + R 段落を右揃えにする
  • Ctrl + E 段落を中央揃えにする
  • Ctrl + L 段落を左揃えにする

段落を右揃えにしてみよう

日付を右揃えにしてみましょう。

日付を選択して、Ctrlキーを押しながら、Rを押します。

1発で右揃えに出来ました!

会社名と代表者の名前も、同様に操作してみましょう。

段落を中央揃えにしてみよう

つづいて、文書のタイトルを中央揃えにしてみましょう。

タイトルを選択して、Ctrlキーを押しながら、Eを押します。

中央に揃えることができました!

②文字を目立たせるワザ

テクニック
  • Ctrl + B 太字にする
  • Ctrl + E 下線を引く

太字にしてみよう

先ほど、中央揃えにしたタイトルの文字を太字にしましょう。

タイトルを選択して、Ctrlキーを押しながら、Bを押します。

1発で太字にすることができました!

下線を引いてみよう

つづいて、タイトルに下線を引いてみましょう。

タイトルを選択して、Ctrlキーを押しながら、Uを押します。

タイトルに下線を引くことができました!

③文字の範囲を指定するワザ

テクニック
  • 文字を選択して、ダブル(2回)クリック 単語を選択
  • 文字を選択して、トリプル(3回)クリック 段落を選択
  • 余白をトリプル(3回)クリック 文書全体を選択

タイトルの「第2回新入社員研修会のご案内」を使って解説します。

単語を選択してみよう

「研修会」に先頭にカーソルをあてて、ダブル(2回)クリックします。

「研修会」という単語が選択されました!

段落を選択してみよう

タイトルの先頭にカーソルをあてて、トリプル(3回)クリックします。

タイトル全体(段落)が選択されました!

文書全体を選択してみよう

文書の余白をトリプル(3回)クリックしてみましょう。

文書全体を選択することができました!

④文字の大きさを変えるワザ

テクニック
  • Ctrl + Shift + > 文字を大きくする
  • Ctrl + Shift + < 文字を小さくする

文字を大きくしてみよう

タイトルの文字を大きくしてみましょう。

タイトルを選択して、 CtrlキーとShiftキーを押しながら、を押します。

文字を大きくすることができました!

フォントサイズ「10.5」から「18」に変更しました。

>のボタンを押すごとに「2pt」ずつ大きくすることができます。

文字を大きくし過ぎてしまった場合は、 Ctrl + Shift + < で小さくできます。

⑤書式を戻すワザ

テクニック
  • Ctrl + スペースキー 書式を戻す

日付からタイトルまでの段落書式を、元に戻してみましょう。

枠で囲った範囲を選択して、Ctrlキーを押しながら、スペースキーを押します。

先ほど文字の大きさ等を変更した、タイトルの書式が最初の状態に戻りました!

この操作では、右揃え・中央揃えにした設定は変更されません。

まとめ

ワード 365&2019の便利技を解説しました。

ショートカットキーはすべて暗記する必要はありません。

少しずつ使いながら覚えていきましょう。

使えるようになると、文書作成のスピードが上がります。

ぜひお試しください。ありがとうございました!

ワードの資料作成のコツについてはこちら

MOS資格試験に興味がある方へ

さいごに書籍の紹介です。

エクセルのMOS資格試験はこの1冊だけで十分合格できます。

勉強方法はこちらをご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました