【無料で使えます】超便利!プレゼン神ツールを徹底解説

ある日の会話ーweb会議の悩みー

悩めるおじさん
悩めるおじさん

最近web会議で、画面を共有すること多いじゃない。

 

画面の”ココを見て欲しい”っていうときに、わかりやすくなるかなぁと思って、マウスのポインターを大きくしたのよ。

 

そしたら、逆に見づらいからやめろって言われちゃって・・・。

ROBO
ROBO

そうなんですか(笑)

どんな画面で説明したんですか?

悩めるおじさん
悩めるおじさん

こんな感じの画面だよ。

ROBO
ROBO

これは見づらい以前に、文字隠れちゃってるじゃないですか(笑)

 

でも、こういう使い方している人時々います・・・。

スポンサーリンク

プレゼンするとき、こんな悩みありませんか?

  • “マウスポインターの動きだけ”だと、見てほしい場所が伝えづらい。
  • マウスポインターをデカくすると、使いづらい。見づらい。というかダサい。
  • 発表者に使いやすく、参加者に伝わりやすいツールはないか?
  • できれば無料で欲しい…。

解決策はこれだ!無料・神ツール ZoomIt(ズームイット)

ZoomIt(ズームイット)を使いましょう。

このツールで先ほどの悩みは、すべて解決します。

ZoomIt(ズームイット)って何?

ポイント
  • Windows PC向けの無料ツールです。
  • 画面上に図形を表示して、見て欲しいところをわかりやすく解説する」
  • 詳しく見て欲しい箇所を拡大(ズーム)する」ということができます。

たとえば、

円グラフのどこを見て欲しいか、口頭で説明しながら円を描いたり、矢印をつけたりすることが一瞬でできます。赤色の丸と矢印はZoomItで追記しました。

何かの操作を説明する際にも、「ここの再生マークを押してみましょう」と案内することも可能です。

図形の色も変えることができます。

こちらは、オレンジ色の四角と矢印を追記しました。

このツールの最大のメリットは、パワーポイントに限らずパソコンの画面に出ているものなら、何でも使えます。ワード・エクセルはもちろん、WEB画面でも使えます。

ZoomIt(ズームイット) ツール ダウンロード方法

ツールのダウンロード方法を案内します。無料でダウンロードできますので安心してください。

こちらのURLにアクセスします。

ZoomIt - Windows Sysinternals
Presentation utility for zooming and drawing on the screen.

アクセスできたら「ダウンロード」のリンクを開きます。

ダウンロード後「ZoomIt.exe」ファイルをダブルクリックします。

もし、このような画面が出たら「実行」ボタンを押します。

ZoomIt(ズームイット) ツールの設定方法

❶Draw(ドロー)モード

まずは、線を引いたり図形を描くための「Drawモード」のショートカットキーを設定しましょう。

英語で書かれているので、ちょっと難しく感じるかもしれませんが、このツールを呼び出すためのキーを設定するだけですので簡単です。

このショートカットキーはお好みで問題ありません。

今回は設定例をご紹介します。

「Draw」タブを選択して「Ctrl + Alt + Dキー」を押します。

これでDrawモードの設定完了です。

「Ctrl + Alt + Dキー」 を押すとツールが起動するようになりました。

❷Zoom(ズーム)モード

同様にZoomモードの設定です。

こちらのショートカットキーを設定すると、画面を拡大表示することができます。

「Zoom」タブを選択して「Ctrl + Alt + ;(セミコロン)キー」を押します。

これでZoomモードの設定完了です。

「Ctrl + Alt + ;(セミコロン)」 を押すと画面が拡大表示されます。

Zoomモードの使用例

こちらは「拡大無し」の状態

こちらがZoom機能で「拡大した」状態

ZoomIt(ズームイット)ツール の使い方

画面に図形を描くDrawモードの使い方を解説します。

線の太さを調整したい

先ほど設定したショートカットキー「Ctrl + Alt + Dキー」を押します。

画面上にポインターが出ます。下図のオレンジ色の点のことです。

この点が出ている状態で「Ctrlキー」を押しながら、マウスのホイールを上下にグリグリ回すと大きさが変わります。これで線の太さが調整できます。

小さくすると、こんな感じです。

四角形を描きたい

ショートカットキー「Ctrl + Alt + Dキー」を押してポインターが出ている状態で、「Ctrlキー」を押しながら、マウスでドラッグします。

矢印を描きたい

ショートカットキー「Ctrl + Alt + Dキー」を押してポインターが出ている状態で、「Ctrlキー」と「Shiftキー」を押しながら、マウスでドラッグします。

直線を描きたい

ショートカットキー「Ctrl + Alt + Dキー」を押してポインターが出ている状態で、「Shiftキー」を押しながら、マウスでドラッグします。

楕円を描きたい

ショートカットキー「Ctrl + Alt + Dキー」を押してポインターが出ている状態で、「Tabキー」を押しながら、マウスでドラッグします。

図形を消したい

キーボードの「Escキー」で消すことができます。

ポインターの色を変更したい

ショートカットキー「Ctrl + Alt + Dキー」を押してポインターが出ている状態で、

「O」でオレンジ色 「R」で赤色 「B」で青色 「G」で緑色に変更できます。

まとめ

コマンドについては使いながら覚えていけば全く問題ございません。プレゼン以外にも、web会議や画像付きの資料を作成するときにめちゃくちゃ便利なツールです。

このツールのおかげで、記事を作成する時間を大幅にカットすることができました。

各操作のまとめをして終わります。

操作方法のまとめ

線の太さを調整: 「Ctrlキー」を押しながらマウスホイールを上下。

四角形を描きたい : 「Ctrlキー」を押しながらドラッグ。

矢印を描きたい : 「Ctrlキー」+「Shiftキー」を押しながらドラッグ。

直線を描きたい :「Shiftキー」を押しながらドラッグ。

楕円を描きたい :「Tabキー」を押しながらドラッグ。

図形を消したい :「Escキー」を押す。

色を変えたい: 「O」でオレンジ色 「R」赤色 「B」青色 「G」緑色

以上です。ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました