【家電製品エンジニアが解説】アニメを録画する おすすめのレコーダーは?

2021年 いよいよオリンピックが始まりましたね。世界中で大いに盛り上がっています。

とはいえ、すべての人がテレビでオリンピックを楽しんでいる訳ではありません。

私は根っから運動が苦手でテレビでスポーツ観戦をすることよりも、録画したアニメを観ている方が幸せです。

そこで、家電製品エンジニアである私が

「そろそろレコーダー買い替えたいけど、最新の機種は色々機能があってわかりづらい。」

「レコーダーって高くない?こんなに機能は無くてもいいから、もっと安いのはないの?」

という声を聞きましたので、買ってよかった「nasne(ナスネ)」を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

結 論:アニメ録画にはnasneがおすすめ

シンプルな機能でよければ、高性能なレコーダーではなくnasne(ナスネ)をご検討ください。

https://www.buffalo.jp/nasne/

家電購入ガイド『家電批評』でBEST BUY獲得

https://www.buffalo.jp/nasne/#&gid=1&pid=1

nasne(ナスネ)って何?

自宅のネットワークにつなぐだけで、スマートフォン・タブレット、さまざまな機器でテレビや動画視聴を楽しめるネットワークレコーダー&メディアストレージ。
それがnasne(ナスネ)™です。

※ 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

https://www.buffalo.jp/nasne/

わかりやすく箇条書きにすると、

  • 自宅でインターネット回線が必要です。
  • nasneで録画した番組は、テレビが無くても スマホ・タブレット・パソコンで視聴できます。
  • スマホやタブレットで撮影した写真や動画もnasne本体で一括管理できます。

もともとnasneは “ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以降SIE)”が販売していたのですが、 2019年に出荷完了し終売となりました。

しかし、2020年10月7日にバッファローがSIEの協力を得る形で製造・発売を継承すると発表し、2021年3月17日に発売開始されました。今でも根強い人気がある商品なんです。

レコーダーを購入するときに気になる価格や機能は?

①価格は?

やはりお金を出して購入するので、価格は気になりますよね。

nasneと同等スペックのレコーダーと価格と主な仕様を比較してみました。

メーカー/機種販売価格チューナーの数内蔵ハードディスク外形寸法
バッファロー/nasne29,800円(税込)12TB44.5×135×187mm(幅×高さ×奥行き) 最大突起部含む
東芝/REGZA(レグザ) DBR-W200942,770円(税込)22TB430×46×210mm(突起部含む)
パナソニック/DMR-2W20159,110円(税込)22TB 430×41.5×189mm(突起部含む)
ソニー/BDZ-ZW280063,550円(税込)22TB430.7×43.9×208.6 mm (突起部含む)
【参考】2021年7月時点

「チューナーの数」が1つということを除けばnasneは圧倒的に安くて本体もコンパクトです。

このチューナーの数のデメリットを補う方法は後ほど解説しますね。

②どの番組を録画しようか探すのが大変

従来の地デジ化以降のレコーダーをお使いの方は、レコーダーのリモコンを使って番組表から探して録画予約をすることが一般的かと思いますが、nasneはスマホのアプリから録画予約します。

“キーワード検索”もできますし、”予約数ランキング”から人気の番組を録画予約することもできます。

これから始まるアニメを予約をするときは、カテゴリ「アニメ」からランキングに表示されているものを片っ端から予約しています。

具体的なアプリですが、

TVアプリケーション「torne(トルネ)」を使います。

‎torne™ mobile
‎あなたのスマホがテレビ&レコーダーに! 150万人に支持された、究極のTVアプリ「torne(トルネ)™」が、ついにスマートフォン&タブレット(iPhone & iPad)に! 「torne(トルネ)™ mobile」は、あなたのテレビライフをもっと便利に、もっと快適にするPlayStation®生まれのTVアプ...
torne™ mobile - Google Play のアプリ
あなたのスマホがテレビ&レコーダーに! 150万人に支持された、究極のTVアプリ「torne(トルネ)™」が、ついにスマートフォン&タブレットに!

または「Video&TV SideView」というアプリも使用できます。

スマホのアプリとしては、個人的にこちらの方が操作性が高いと感じます。

理由は”文字が大きい”のと、カテゴリー別の”おすすめ番組 ランキングが見やすい”からです。

Video & TV SideView
Video & TV SideView(ビデオ&テレビサイドビュー)は、ソニーの便利なリモコン付きテレビ番組表アプリです(無料)。番組表を見たり、リモコン操作したり、番組を録画したりできます。

トルネの画面イメージ

https://www.buffalo.jp/nasne/
https://www.buffalo.jp/nasne/

Video&TV SideView の画面イメージ

https://www.buffalo.jp/nasne/
https://www.buffalo.jp/nasne/

あとはこのアプリで地味に便利な機能として、スマホでテレビの操作をできます。

「あれ?リモコンどこやったっけ?」というときに使えます。

https://www.buffalo.jp/nasne/

③録画容量が心配

現在発売されているnasne本体の内蔵ハードディスク容量は「2TB」です。

「うちは2TBじゃ足らないよ!」という方は、外付けでハードディスクを接続することもできます。

最大で「6TB」まで増やすことができますのでご安心ください。

2TBあれば1クール 約10作品のアニメを録画しても、2クール分はまかなえます。

基本的には1クール見終わったら順次消すという感じで使っています。

nasne(ナスネ)のデメリット

ここまでnasneの紹介しましたが、やはりすべてが満足できるものではありません。

①全録ができない。

いちいち録画したい番組を検索する手間が省けるので、やっぱり全録はいいなぁと感じることもあります。

ただし、全録のレコーダーはいまだに高値ですし「正直、そこまでの機能はいらない」というのが本音です。

“今期のアニメは何見ようかなぁ”と探しながら録画予約するのも楽しみの1つです。

②見たい番組をダブル録画できない

観たいアニメが同じ時間で重なってしまったとき、nasneはチューナーの数が1つなのでダブル録画はできません。

解決法としては、2つあります。

①テレビ本体にUSBで接続するハードディスクを繋げて回避する。

②nasneをもう1台購入してダブルnasneにする。

私は見たいアニメが重なった場合は①の方法で対策しています。その方が費用が安く済みます。

③DVDに録画番組をダビングするのが面倒

録画したアニメをDVDに保存する方はちょっと面倒に思うかもしれません。

理由はnasne本体に「DVDを入れる場所(スロット)が無い」からです。

録画したアニメを都度DVDに保存する場合は、パソコンを使う必要があります。

Windows PC向けテレビアプリ「PC TV Plus」の書き出しについてはこちら

パソコンでテレビ視聴、かんたんダビング「PC TV Plus」 | 関連ソフトウェア | ソニー
パソコンで、家じゅう好きなところからテレビの視聴・録画を楽しむ。録画番組をBD、DVD、SeeQVault、他機器にダビングする。nasne™、ブルーレイディスクレコーダー、テレビ、ひかりTV、J:COM TV、スカパー!、auひかりテレビ、RECBOX&REC-ONなど様々な機器とつながるテレビアプリ PC TV P...

まとめ

「レコーダーを新調したいけど、高性能なレコーダーはいらない!」という方には、ぜひnasne(ナスネ)をオススメします。シンプルで使い勝手がよく、とにかく安いです。

最後に私がnasneを数年間使ってよかったポイントをお伝えします。

買ってよかったポイント

①アプリを使って外出先でもスマホから録画予約できる

外出先で「あ、予約し忘れた!」と思ってもスマホから予約ができるので安心です。

②テレビが無い部屋でも録画番組を再生できる

nasneで録画したものは、テレビが無くてもスマホやタブレットでどこでも視聴できます。場所を選ばないというのは快適です。

③省スペース。テレビ台がスッキリ。

横長のレコーダーと違って場所をとりません。

無線LANのルーターよりも一回り小さいくらいのサイズ感ですのでテレビ台もスッキリします。

ぜひご検討ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました